妊娠というのは女性だけが努力するものではない

排卵誘発剤の使用

生理不順だと、なかなか妊娠するこできないということは、女性の誰もが知っています。生理不順を解消するには身体を温めて冷えを防ぐ、ピルを使用する以外にもあります。それが、排卵誘発剤の使用になります。

産婦人科の把握

産婦人科までの距離が遠く、間に合わずに自宅で出産した方もいます。無事に出産出来たとしても何があるかわからないので、どのくらいの距離に産婦人科があるかを調べる必要があります。また、病院によっては、往診を行ってくれる所もあります。

精液検査も大切なこと

不妊の原因と言うのは、女性だけのものではありません。男性の無精子症といった原因で子供を授かることが出来ない場合もあります。子供を授かりたいと考えているのなら、男性の協力も必要不可欠になってきます。

メニュー

最新情報

卵子と排卵の関係

もしかしたら無精子症かもしれないと疑いがあるのなら専門のドクターに一度診てもらいませんか?最善の治療法を提案してもらえますよ。

妊娠をしている女性に適している栄養素である葉酸を葉酸サプリで摂取しましょう。こちらなら、そのサプリの情報を豊富に得られます。

卵子の数と排卵について

女性は、約200万個の卵子を持って生まれてくるのですが、卵子は日に日に数が減っていきます。妊娠が可能になる思春期頃には30万個にまで減少するのです。その後も減り続けていくため、年をとるごとに女性は妊娠しづらい体になっていきます。 卵子の数が減少すると、排卵自体がおこなわれにくくなってきます。また、ストレスや生活習慣の乱れによって、排卵がうまくおこなわれなくなることもあります。排卵がおこなわれなければ、通常の性交渉では妊娠することができません。 それを改善するために婦人科で処方している薬が、排卵誘発剤です。排卵誘発剤は、卵巣を刺激するホルモンの分泌を促す薬です。卵子は卵巣から出てくるので、卵巣が刺激されれば、排卵が起こりやすくなるのです。

その月の月経が終わった頃から服用

排卵は、月経周期が安定している人なら、だいたい月経が始まってから14日目くらいに起こります。したがって排卵誘発剤は、その数日前に服用すると効果的です。1回の月経はだいたい5日ほどで終わるので、そのあたりから毎日服用すると、月経開始から14日目くらいに排卵が起こりやすくなります。 排卵は、通常は1回につき卵子が1個出てくるという具合でおこなわれますが、排卵誘発剤を服用すると、卵巣が刺激されて1回で複数の卵子が出てくることがあります。複数出てきた卵子がそれぞれ受精卵になって子宮内に着床すれば、多胎妊娠となります。したがって双子などの妊娠を希望している場合には、排卵誘発剤による不妊治療は特に有効と言えます。

自分にあった物を選ぶ!葉酸サプリを購入する考えをもっている人なら天然素材となっている物を利用するといいでしょう。

オススメリンク

Copyright© 2015 妊娠というのは女性だけが努力するものではないAll Rights Reserved.